最適な除草剤を使用して草むしりの手間を削減

除草剤は顆粒タイプと液状タイプの2つ

綺麗な庭を維持しようと思ったら、雑草のお手入れをこまめにやらなければなりません。しかし、雑草は次から次へと生えてくるので、毎回草むしりをするのが面倒になってきている人も多いのではないでしょうか。

除草剤を使用するときの注意点

綺麗な芝生を効率良く維持するために、「芝生用除草剤」というものがあります。通常の非農耕地用除草剤を芝生に散布してしまうと、大切な芝生も枯らしてしまいます。芝生用除草剤はイネ科植物である芝には影響を与えず、広葉雑草のみを枯らすことが可能です。しかし、多く撒きすぎたり高温時に散布したりすると、芝生にも影響が出ます。使用量などの決まりを守り、計画的に使用することが大事です。 "

庭のお手入れの重要性

庭のお手入れは草むしりだけではありません。他にも、木の伐採や庭木の剪定といったお手入れも必要になります。バランス良く行ないましょう。

木の伐採はプロにお任せ!大怪我の危険性も・・・

庭のお手入れを自分で行なうのはとても良いことですが、草むしりや庭木の剪定に夢中になってアクシデントが発生することも少なくありません。例えば、除草剤を散布しているときに薬剤が皮膚に付着して薬傷を起こしたり、害虫に刺されたりします。また、庭木の剪定では高所や難所の枝を切るためにハサミとハシゴを使うでしょう。強風でハシゴが倒れたり足を滑らせて転倒したりすると、とても危険です。ですが、業者は足場を確保して肌をしっかりと保護した上で、庭木の剪定や草むしり作業に取り掛かるため安全・確実です。

庭木の剪定に失敗しないために

庭木の剪定を行なうと、庭の日当たりと風通しも良くなるため、他の植物もより健康になります。一口に庭木の剪定と言っても、植木から生け垣、農作物の盆栽などありとあらゆる剪定があります。全体のバランスを考えて行なわなければ、花や木の実が綺麗に育たなくなるでしょう。庭木の剪定を成功させるためには、剪定時期と剪定する枝を見極める必要があります。樹種によっても異なるため、しっかりと調べてから実施するようにしましょう。

TOPボタン