草むしりをする際に~除草剤に変わるアイテム~

除草剤以外の雑草を除去できるアイテム

植物

除草剤を上手く使えるか分からないという人は、除草剤の代わりになるものを使って安全に草むしりをしてみてはいかがでしょうか。除草剤の代わりになるものをいくつか紹介します。

除草剤の代わりになるもの

塩水
塩は土壌に染み込んだら分解せずに留まる性質があります。除草後にまた植物を育てたいという人には不向きです。除草剤の代わりに塩水を散布する場合は、3.5~5パーセントにして撒きます。根本までしっかりと染み込ませることがコツです。
熱湯
熱湯は地表に近い雑草にのみ効果を発揮します。ただし、土壌の細菌や微生物も殺してしまうため、塩水と同じく、散布後は植物が育ちにくくなります。また、大量の熱湯を用意する場合は、近くに他の人やペットがいないことを確認しましょう。また、火傷に気を付けなければなりません。念のため火傷用薬を準備しておくと安心です。
重曹
キッチンや浴槽の清掃に使われる重曹を用います。近年有機農法でも、その除草効果が注目されています。植物に掛かると細胞を破壊し枯死させます。薄めるときは5~10パーセントが目安です。
お酢
お酢は散布しても土に残留することがないため安全です。また、除草効果以外に土壌を改良する働きや雑草が生えにくくする効果もあります。病害虫に強い土壌にできるので、効果的に庭のお手入れをしたい人は利用してみると良いでしょう。

間違えやすい剪定と伐採の違い

「庭木の剪定」と「木の伐採」は混同されやすいのですが、庭木の剪定は枝を切ること、木の伐採は木を根本から切断することです。庭木の剪定は木の形を綺麗に整えることで、伐採は木が1本丸ごとなくなることとイメージしたら分かりやすいでしょう。業者にお願いするときは、勘違いして依頼しないようにしましょう。

TOPボタン